• English
  • Chinese
  • Korean


シーサイドラインしくみ

シーサイドラインのしくみを図を交えて分かりやすくご紹介します。

メカニズム 運行管理 車両 構造
司令区

司令区

司令区は、駅のホーム状態が映し出されている監視モニター、刻々と変わる列車の 位置及び編成番号が表示される運行表示画面、その他電力、防災、車両基地、駅設備の故障等を監視する監視盤など様々な装置が設置されており、 これらの装置を駆使して運行の安全を守っています。列車の運行は運行管理装置、自動運転装置で自動的に行われています。

運行管理装置は、装置内にあらかじめ運行ダイヤが登録されており、列車の進路設定や発車時刻等を制御し、列車が運行ダイヤどおり運行されるように管理しております。また、自動運転装置では、運行管理装置より運行情報をもらいながら、プログラムに沿った無人運転を制御しております。

各駅の管理

社員が配置されている有人駅は3駅あり、他の駅は全て無人駅となっております。
無人駅は、並木中央駅にて一括集中管理を行っており、駅務機器・インターホン・放送装置・防災管理設備等を遠隔制御し、監視カメラおよびTVモニターを活用してお客様の安全確保と応対、運営管理を行っております。
各駅の管理

会社案内

  • 会社概要
  • 経営理念
  • 社会環境活動
  • 採用情報
  • シーサイドラインのしくみ
  • 安全・安心への取り組み
このページのトップへ

Copyright(C) 2013 YOKOHAMA SEASIDE LINE Co., Ltd.